HOME>トピックス>高齢化社会や近所付き合いが少なくなったことが原因に

目次

身内だけで静かな式を希望する

近年、大阪で行われる葬儀では家族葬で行いましたと言う話を聞くことが多くなりました。この家族葬には特別決まった形式はありませんが、家族と言う名の元でごく少人数で行うことを指していると思われます。しかし家族と言うから身内だけで執り行う葬儀かと言うと、そんなこともないようで、家族・親族に加え親しかった友人なども加わることがあり、形は決まっていまいと考えてもよいのでしょう。そのため10人から20人、多くても30人程度で行われる式が多くみられます。葬儀内容においては、一般葬と全く変わることなく行われることになりますので、式に参列された人でも違和感を覚えることはないと思われます。

参列する人が少なくなっている

大阪で行う家族葬が増えた理由には、社会環境の変化が大きいと考えられます。高齢化社会になり、訃報を知らせても参列出来ないと言った人も多くなった上に、近所とのお付き合いが少なくなったこともその要因となっています。

費用を抑えることが出来る

家族葬と言う少人数で行うことで、葬儀費用の負担が少なく済むメリットが生まれます。大阪で行う葬儀費用も高くなったことから、遺族の側においても費用負担は簡単なことではありません。そんなから簡略化された葬儀が、増えて来ていると考えられます。

広告募集中